北の桜

とっくに終わったよと
あきれ顔で南の国に言われそうだが
待ちに待った開花だ
長かった冬に別れを告げる合図だ

こんにちは
思い出を咲かせる
友よ
スポンサーサイト

光りが僕の身体を切り取り地面に張り付ける
重力に引っ張られ立ち上がることはない
そこにいなさいと蟻が行進する

夕日が沈み影が消えてしまって
もうそこには僕はいない
缶蹴りの音だけは
懐かしそうに僕の影といつまでも

失われた回帰線


失われた回帰線(そこは闇となって届かず
赤ん坊の泣き声だけが今でも響き
菜の花が一面に咲いて揺れる高原の陽炎
詩となる前の無数の言葉の散らばりがあって
繋げることがままならない僕がいる
感情という無色の糸が
無意味に流れていくだけの夜の静寂
山の頂上から突き上げられたかのように
満月が浮かんできて僕を嘲笑う

俎板の鯉


都会の中で泳いでいる
君たちと呼んでいいか は
多分睨むに違いない ひとたち
紅い鱗がまた一欠けら剥がされて沈む

ムラの中で流されたままで
僕ですよと発言してみる が
関係ないだろと叱咤される ボクひとり
黒い尻尾がムラの秩序になんとか絡まり凌いでいる

余白に



これからわたしはあなたを語るため
刻んでいこうと思う
最後の詩を
わたしの残された細胞に

おそらく書ききれずになるに違いないが
ごめんなさい
記憶は右貢の上の余白に

めくる指のぬくもりと一緒に閉じて

プロフィール

邑輝唯史

Author:邑輝唯史
FC2ブログへようこそ!
ただし、公開されている写真や詩を無断転用することは認めていないのであしからず。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード